ディスプレイ・什器を作る際のポイント-ディスプレイ・什器を製作する際の押さえておくべきポイントをご紹介
販促什器、店舗ディスプレイ什器のノセプラ産業 TOP >> ディスプレイを作る際のポイント

ディスプレイを製作する際、見た目だけにこだわっていませんか?

ディスプレイや什器を製作する際、何を重視して製作されますか?ディスプレイや什器を製作される際、見た目はもちろん、収納スペースやその他様々な点を加味して製作することが大切です。こちらではディスプレイ製作を製作する時のポイントをご紹介します。

ディスプレイ製作の際のポイント

ディスプレイを製作する際、「商品コンセプト」「設置スペース」「使用環境」「使い勝手・機能性」「予算・納期」を考慮することが大切です。こちらでは、それぞれで気をつけるポイントをお伝えいたします。
※項目をクリックすると、詳細の内容へ移動します。
ディスプレイ・什器製作の際のポイント 商品コンセプト 設置スペース 使用環境 使い勝手・機能性 予算・納期

1、商品コンセプト

まずディスプレイを製作する際には、その商品のターゲット、コンセプト、用途などを明確にし、それにあわせたディスプレイを製作する必要があります。どんなに優れたデザインだとしても、それがターゲットにマッチしていないと意味がありません。
誰に向けた商品なのか、何を伝えたいのか等、お客様の考えられたコンセプトを基に試作も行えますので、ズレのないディスプレイを製作することができます。

2、設置スペース

ディスプレイを製作する際、そのディスプレイをどのような場所に設置するのかが大切になります。スペースを大きく使用することが可能なのであれば、形状に凝ることもできますし、スペースが限られた場合などはそのスペースを最大限活かしてどのような形状にするのかがポイントになります。

3、使用環境

ディスプレイや什器をどのように使用するのか?これが非常に重要です。一時的なキャンペーンやイベントで使うのか、中長期で使うものなのか?屋内か屋外か?周囲の温度がどれくらいか?・・・等々おかれる環境条件が異なれば、素材選定も加工方法も変わってきます。

4、使い勝手・機能性

見た目にこだわっていても、使うスタッフの方や担当者の方の使い勝手が悪くては意味がありません。引っ掛ける、スライドさせる、組み立てる等、使う側の視点に立った機能性も大切です。

5、予算・納期

ディスプレイ・什器を製作する際には、コストや納期とのバランスをみなければなりません。弊社では、商社としての豊富な素材の在庫を活かし、短納期対応も可能ですし、予算に関するご要望にも柔軟に対応いたします。ぜひ弊社に什器・ディスプレイのことはご相談下さい。最適なディスプレイを製作いたします。

弊社では、上記のようなポイントをきっちり加味しつつ、アクリル等のプラスチックの特性を活かし、最適な什器・ディスプレイを製作いたします。ディスプレイ、什器に関しては、サイズの大きいものから小さいものまで幅広い加工製造技術で皆様のご要望にお応えします。素材の在庫もございますので、皆様の短納期や低価格に関するご要望にもお応えいたしますし、既存什器・ディスプレイの廃棄も可能です。ディスプレイ、什器の製作に関するご要望はお気軽にご相談下さい。

ディスプレイや什器を製作する際の相談は
お気軽にお問い合わせ下さい。
ディスプレイ・什器に関する問い合わせ番号
営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土・日・祝日)
営業時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら